2009年1月30日 (金)

わかった*알았다

908 普段とは少し状況が違うので新人君に書類の内容について説明した。
わかりましたと彼は返事をした。
そしてその書類のコピーは必要ないと言った。
翌日、別の人にその件で新人君が質問を受けた。
前の日に私に言ったことは反対のことを言って、
相手にわからないと言っている。
「新人君、昨日説明したときにわかったって返事しましたよね?」
「だって、わかったって言わないと、話が終わらないじゃないですか!」
(-”- 

평소하고 좀 상황이 달라서 신입군에게 서류 내용에 대해 설명했다.
알았어요라고 그는 대답했다.
그리고 그 서류의 복사는 필요 없다고 했다.
다음 날 다른 사람이 그 용건으로 신입군에게 물었다.
전 날에 나에게 말한 것과 반대의 답을 하고
상대방에게 잘 모르겠다고 하고 있다.
"신입군... 어제 설명했을 때 알았다고 대답을 했는데 왜요?"
"그거야...알았다고 하지 않았으면 이야기가 끝나지 않잖아요!"
(-"-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

押し付けないで*떠맡기지 않았으면

907今日から会社のグチをこぼします(^^;

「きいろさん、これやってくださいよ~。」新人君がいった。
昨日、自分が頼まれた仕事だ。
「え、やですよ。」
めんどくさいからって、私に押し付けないで欲しい。
「え~~、じゃあ、これやってくださいよ。」
新人君がもう一つの仕事を差し出した。
どっちも自分が頼まれた仕事じゃん。
めんどくさいというだけの理由で人に仕事を振らないで!
私も忙しいんだから!

오늘부터 회사에서 생긴 푸념을 늘어놓겠어요.(^^;;

"아키코 씨 이거 해주세요." 신입군이 말했다.
어제 자기가 맡은 일이다.
"에? 싫은데요?"
귀찮다고 해서 나에게 떠맡기지 않았으면 좋겠다.
"에엑, 그러면 이 거 해주시죠."
신입군이 다른 일을 내밀었다.
둘 다 자기가 맡은 일이잖아.
귀찮다는 이유만으로 남에게 일을 넘기지 마!
나도 바뻐!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

キャバクラ王子*캬바쿠라 왕자

数日後、奴を蹴った人からメールが来た。
「きいろさん、次回から隣に座っている
キャバクラ王子に処理してもらってください。」

・・・。
「ねぇ、ねぇ、新人君、キャバクラ王子だったの???」
私の隣に座った王子様は違います!と一生懸命否定していた。

며칠 후 그놈을 찬 사람에게서 메일이 왔다.
"아키코 씨, 다음부터 옆에 앉아 있는
캬바쿠라 왕자에게 처리를 맡기세요."

......
"저기 신입군... 캬바쿠라 왕자였어요???"
내 옆에 앉아 있는 왕자님은 아니에요!라며 열심히 부정했다.

*캬바쿠라→여자 스탭이 자리에 와서 대접을 해주는 술집.
893

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

課長のところに*과장)에게

水曜日はみんなで掃除をする日なのだけれど、掃除が終わった後も、奴は同じ場所に眠っていた。
近くにいた人に言ってみた。
「掃除の日にも誰も片付けてくれないんですね・・・(T_T)」
「どれ?あれ?こんなところにいたんだ。
こんなの○○(←課長)のところに追いやっとけばいいよ。」
その人はかりかりに乾燥した奴を蹴って課長の机の方に追いやった。
え~~~~~~!?(@@;;
(奴を蹴った人は冗談だよ、といって片付けてくれたけど、あれは本気だったよ;;)

891수요일은 모두 다 청소하는 날인데 청소가 끝난 후에도 그놈은 같은 곳에서 자고 있었다.
가까운 자리에 있는 사람에게 물어봤다.
"청소 날인데도 아무도 치워주지 않는군요...(ㅠ.ㅠ)"
"어디? 저거야? 이런 데 있었구나.
이런 게 ○○(←과장)에게 보내면 돼."
그 사람은 파삭파삭 건조한 그놈을 차서 과장님 책상 쪽으로 쫓아보냈다.
에에에에에엑!?(@@;;;
(그놈을 찬 사람은 농담이라면서 치워줬지만 그건 진심 같았어;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

何日経っても*며칠 지나도

889_2ドアのところに死んでいたゴキブリを誰も片付けてくれない。
通るたびに怖いけどので、もちろん、私も見ない振りをして通る。
何日経っても誰も片付けてくれない~。
私はヤツの存在をついたて越しに確認しなければいけなくなった・・・。

문이 있는 곳에서 죽은 바퀴벌레를 아무도 치우지 않는다.
지나갈 때마다 무서워서 물론 나도 안 본 척 하면서 지나간다.
며칠 지나도 아무도 안 치워~~~.
나는 그놈의 존재를 간막이 넘어서 확인해야하는 처지가 되어버렸다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

大きなゴキブリ?*큰 바퀴벌레?

この夏は黒い敵が出現しなかったのではなくて、旅行日記を書いていて、他の話を書く機会がなかっただけ。なので、ここでひとつだけ・・・。

外に出ようとすると事務所の入口のところに奴が死んでいた。
ぎゃ、ゴキブリ!見なかったことにしよう(><)
平静をよそおって、ドアを開けて外に出た。
ぎゃ~~っ!
大きなゴキブリ!!!と思ったら、セミだった。
ホッとしたけど、すでに叫んだ後だった。

지난 여름은 검은 적이 출현하지 않았던 것이 아니라 여행일기를 쓰느라고 다른 이야기를 쓸 기회가 없었을 뿐. 그래서 여기서 한 이야기만...

880밖으로 나가려고 했을 때 사무실 입구에 그놈이 죽고 있었다.
걋! 바퀴벌레! 안 본 걸로 해야지(><)
평정을 체하며 문을 열어서 밖으로 나갔다.
캬아아악!
큰 바퀴벌레!!라고 생각했는데 매미였다.
안심했지만 이미 소리 친 후였다...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

重罪*중죄

790 ぶっ。
ん?ぶっ???
しばらくすると、くさ~い臭いがしてきた。
英語のおじさんがタバコを吸いに席を立つ時に「した」ようだ。
会社での「やり逃げ」は特に重罪です!!(><)

뿟?
어잉? 뿟???
조금 후 안 좋은 냄새가 충만했다.
영어 아저씨가 담배를 피우러 자리를 떴을 때 "한" 모양이다.
회사에서 "방귀 뺑소니"는 중죄입니다!!(><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

雲と月*구름과 달

918ある日仕事が終わって空を見上げると・・・あ!猫がいた!
写真を撮ろうと携帯電話を探しているうちに猫は消えてしまった。
疲れた私に雲と月が一瞬慰めてくれたのかな?

어느 날 일이 끝나고 나서 하늘을 올려다보자...앗! 고양이가 있다!
사진을 찍으려고 휴대폰을 찾고 있는 사이에 고양이는 사라져버렸다.
지친 나에게 구름과 달이 한 순간만 위로해준 것일까?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

厚着*껴입기

どうしようもないほどにずぶ濡れになった私だけれど風邪をひかなかった。
たぶん私じゃなかったら、風邪をひいていただろう。
といっても、私が特に丈夫だからというわけではない。
秘密があるのだ、ズボンの下に隠された秘密が!
寒がりの私はストッキングを履いて、毛糸のパンツを履いて、長い靴下を履いて、レッグウォーマーを履いて、その上にズボン、そしてズボンの上に防寒のためのエプロン!
だから、びしょ濡れになったけれど、レッグウォーマーその他の防寒具が私を雨から守り体の芯まで冷えることはなかったの~。

厚着バンザイです!
そして、もう一つ・・・
湯たんぽ代わりにペットボトルにお湯を入れて抱きかかえてたから
ズボンも早く乾いたみたい(^^)v

어쩔 줄 모를 정도로 흠뻑 젖은 나였지만 감기에 걸리지 않았다.
아마 나 아니었으면 감기에 걸렸을 것이다.
그렀다고 내가 특별히 몸이 튼튼하다는 것이 아니다.
비밀이 있는 것이다, 바지 안에 숨겨진 비밀이!
추위를 타는 나는 스타킹을 신고 털실로 짠 팬티를 신고 무릎까지 길이 있는 양말을 신고 레그 워머를 신고 그 위에 바지 그리고 바지 위에 방한을 위해거 앞치마!
그래서 흠뻑 젖었긴 했지만 레그 워머들이 나를 비에서 지켜줘서
몸 속까지 차가워지지 않았거든~.
껴입기 만세!
그리고 하나 더... 페트 병에 뜨거운 물을 넣어서
그걸 안고 있어서 바지도 빨리 마른 것 같았다(^^)v
935

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

ずぶ濡れになった*흠뻑 젖어버렸다

936 傘を借りて濡れずに済んだのに、傘を返しに行く時にずぶ濡れになってしまった。
あまりに濡れすぎて、自分の席には直接戻れなかったのでロッカーにいって、
ズボンを脱いで絞ってみた
水がたくさん出た~~~
その日は仕事をする気が全くなくなった(--;;

우산을 빌려서 젖지 않았는데 우산을 돌려주러 갈 때 흠뻑 젖어버렸다.
너무 젖어버려서 내 자리에는 직접 돌아가지 못해서 로커실에 가

바지를 벗고 짜 봤다.
물이 많이 났다~~~.
그 날 일을 할 마음이 완전이 없어졌다(- -;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧