« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

青年の膝の上には*청년의 무릎을 위에는

今日もソウル地下鉄での話。
地下鉄には面白い人(変な人?)がたくさんいる。
私の横に外人さんが座った。
その人は上を向いて……
ず~っと何かをぶつぶつつぶやいていた。
ず~っとず~っと。

오늘도 서울 지하철에서 생긴 일.
지하철에는 재미있는(이상한?) 사람이 많다.
내 옆에 서양 사람이 앉았다.
그 사람은 위를 올려다보고......
계속 뭔가를 투덜투덜 중얼거렸다.
계속 계~속.

外人さんの横には韓国人の青年が座っていた。
そして、その青年の膝の上にも青年が座っていた。
やっぱり、韓国ってスキンシップ多過ぎ……。

외국 사람 옆에는 한국인 청년이 앉아 있었다.
그리고 그 무릎을 위에도 청년이 앉아 있었다.
역시 한국이라는 나라에서는 친밀도가 너무 높다......
Yh306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

私は見た!*나는 봤다!

私はソウルの地下鉄に乗っていた。
隣に座っていた人が降りて、私の横は空席になった。
別の駅で男性が乗ってきた。
すごく太った男性だった。
そして、その人は私の横に座った。
小柄な私と比べると倍以上ありそうなその人・・・
座る前に私は見てしまった。
太りすぎてジッパーが上がらず、3分の2くらいのところで止まったてたのを!!

277 나는 서울 지하철을 타고 있었다.
내 옆 사람이 내려서 내 옆은 빈자리가 되었다.
다른 역에서 남자가 타왔다.
무척 살찐 남자였다.
그리고 그사람은 내 옆에 앉았다.
몸집이 작은 나와 비하면 두 배 이상 커 보인 그 사람...
앉기 전에 나는 봤다.
너무 살쪄서 지퍼가 안 올라가서 3분의 2쯤에서 멈추고 있던 것을!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

未来の*미래의

278 東大門市場に行った日は週末だった。
そのせいか中学生らしき女の子たちもたくさんいた。
前髪は眉毛の上で切りそろえられていて
眉毛は手入れされていない状態だからとっても田舎っぽく見える。
でも、数年後には彼女たちは見違えるようにきれいになるはず。
もしかしたら、未来のチョンジヒョンかもね。^^

동대문시장에 간 날은 주말이었다.
그래서 그런지 중학생으로 보이는 여자애들도 많았다.
앞머리는 눈썹 위로 가지런히 잘랐고
눈썹은 정리되지 않는 상태라서 아주 촌스럽게 보인다.
하지만 몇년 후에는 그 애들은 몰라보게 예뻐질 것이다.
어쩌면 미래의 전지현이 될지도 모른다.^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

なんか変…*왠지 이상해...

279あれは確か東大門市場に行ったときのこと・・・。
向こうから西洋人が歩いてきた。
あの外人さん・・・なんか変・・・。
何が変なのかわからないが、何かがおかしいのだ。
279_1 そしてすれ違う時に何がおかしかったのかわかった。
眉毛に・・・それも両側に・・・バンドエイドを貼っていたのだ。
外人さん・・・あなたの眉毛にいったい何が起こったの?

그것 아마 동대문시장에 갔을 때 일이다...
앞쪽에서 서양 사람이 걸어왔다.
저 외국 사람... 왠지 이상해...
뭐가 이상한지 모르지만 왠지 이상하는 것이다.
279_2 그리고 스쳐지나갈 때 왜 이상했는지 알게 되었다.
눈썹에... 그것도 양쪽에... 반창고를 붙여 있었다.
외국인 아저씨... 당신 눈썹에 대체 무슨 사정이 생겼어요?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

うるさいよ・・・*시끄러워요...

263ソウルの地下鉄でのこと・・・。
ねぇ、ねぇ、となりの人よ・・・。
携帯電話から音楽が流れるのはわかったから
地下鉄の中で大音量で音楽聴くのは止めてくれない?
うるさいよ・・・。

友達に聞いたら、最近MP3フォンというのが新しくでたらしい。
自慢してたのか・・・。(-_-;;

서울 지하철에서의 일...
저기... 옆에 있는 당신...
휴대폰에서 음악이 흐르는 것은 잘 알았으니까
지하철 안에서 큰 소리로 음악을 듣지 마실래요?
시끄러워요...
친구한테 들었는데 요즘 MP3폰이라는 게 새로 나왔나봐.
자랑하고 싶었구나...(-_-;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

熱い!!*뜨거워!!

そうそう、忘れてはいけないのは初体験の汗蒸幕。
前回はあの細長ドームに入る前に怪我をしたので入れなかった。
今回、初めて入ってみたら、熱い。
熱くて湿気が充満している。
とにかく熱い、熱い、熱い!!!!

他の人はみんなじ~っと座っていたけれど、私は10秒で出てきちゃった。
「10秒じゃ、入ったうちに入らない!」
と思ってもう一度入ってみたけど30秒で限界~。
でも、ゆで卵の気持ちがわかった。(確か、あのドームの中に卵を置いておくと、ゆで卵になるんですよね??)Yh293

그래 그래 빼놓으면 안 되는 것은 첫경험인 한증막.
저번에는 그 가늘고 긴 돔에 들어가기 전에 다쳤으니까 못 들았다.
이번 처음으로 들어가봤더니, 뜨겁다.
뜨겁고 습기가 꽉 차 있다.
아무튼 뜨거워, 뜨거워, 뜨겁다구~!!!!

다른 사람들은 다 가만히 앉아 있었지만 나는 10초만에 나오고 말았다.
"10초이면 들어갔다고 할 수도 없어!"
라고 생각해서 다시 한번 들어가봤는데 30초로 참을 수 없어졌다.
하지만 삶은 계란의 마음을 알게 된 것 같았다.(아마 그 돔 안에 계란을 놓으면 삶은 계란이 되는 거지요??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

もう驚かない*이젠 안 놀라

そして、銭湯でトイレに行くと・・・
たまに全裸のおばさんがトイレから出てくる。
堂々としていて・・・隠さない。
そんなおばさんにいちいち驚いていたが、

最近はすっかり慣れてきた私。(^^;

294그리고 목욕탕에서 화장실에 가면...
가끔 맨몸인 아줌마가 화장실에서 나온다.
당당하고 있고... 안 감춘다.
그런 아줌마에 일일이 놀랐었는데

이젠 다 익숙해진 것 같은 나.(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

赤ちゃんとお母さん*아기하고 엄마

295銭湯の経営者の家族と思われる人が赤ちゃんをおんぶしていた。
私はトイレに行きたくなった。
トイレに入ろうと思ったら、赤ちゃんのお母さんが便座に座っていた・・・。
赤ちゃんをおんぶしていて不自由なのはわかるけど
用を足すときはドアは閉めてください。

목욕탕 경영자의 가족으로 보이는 사람이 아이를 업고 있었다.
나는  화장실에 가고 싶어졌다.
화장실에 들어가려고 했더니...아기 엄마가 변기에 앉아 있었다...
아기를 업어서 불편하다는 건 이해할 수 있지만
볼일 볼 때는 문을 닫으세요.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

サラダ*샐러드

291銭湯の話・・・
最後の仕上げにオイルを塗ってくれるようだ。
ぴゅ~っ!ぴゅ~っ!
上のほうから、何かをかけたられてる~、それも2種類。
私、なんだかサラダになった気分!
全部終わった後に、
こっそり、どんなオイルをかけたのか見てみたら
おばさんのアカスリグッズの中に
皿洗い洗剤の容器みたいなのに入ったオイルがあった。

목욕탕 이야기...
마지막 마무리로 오일을 발라줄 모양이다.
좍좍~!
위쪽에서 뭔가를 뿌리고 있어~, 그것도 두 가지.
나는 마치 샐러드가 된 기분!
전부 다 끝난 후에
몰래 어떤 오일을 뿌렸는지 봐봤는데
아줌마의 때밀리 도구 중에
설거지 세제 용기 같은 것에 들어간 오일이 있었다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

ゲートが開かないよ*게이트가 안 여는데

火曜日の朝10時頃、親戚のおばさんから母に電話があった。
急用のため、できれば11時までにN市に来てくれとのことだ。
家から指定された場所まで交通機関を使うと
待ち時間や乗換え時間なしで計算しても1時間と少し。
私が運転していこうか?という話になった。

とは言っても、私は運転はあまり得意ではない。
車線変更がとても苦手なので、大きい道もあまり運転しない。
ついでに高速道路を走った経験も数えるくらい・・・。

案の定、目的地にたどり着くのに何回か道を間違え
帰りにも曲がる道を間違え・・・
それでも、あとは高速通行料を払えば、いつもの田舎道・・・のはずだった

私はETC専用というゲートを避けて他のゲートに入った。
あれ~~? ゲートが開かないよ???
母と二人で首を傾げた。
そして、ほぼ同時に気が付いた。
「ここのゲートやってないよ~。(・_・;;;)」
バックして他のゲートに行こうとしたところ・・・
どこかから人が出てきて、大きい遮断機を手で開けてくれた。
あ~あ、最後の最後にやっちゃった。

화요일  오전 10시쯤 고모에게서 우리 엄마에게 전화가 왔다.
급한 일이 생겨서 되도록이면 11시까지 N시에 와달라는 것이다.
집에서 지정된 장소까지 교통기관을 이용하면
기다리는 시간이나 갈아타는 시간을 빼고 계산해도  1시간을 좀 넘는다.
내가 운전하고 갈까? 라는 이야기로 되었다.

그렇다고 해도 나는 운전을 잘 하는 편이 아니다.
차선변경을 잘 못해서 큰 길을 운전하지 저다.
그리고 또 고속도로를 달린 경험도 손가락으로 꼽을 정도밖에 없고...

아니나다를까  목적지에 도착할 때까지 몇번 길을 잃었고
집에 올 때도 들어가야 할 길을 놓쳤다...
287*

*

*

*

*

*

*

*

*

그래도 나머지는 고속도로 통행료만 내면 언제나 달리는 시골길...이었을터였다.

나는 ETC전문이라는 게이트를 피해서 다른 게이트를 향했다.
엉~~?? 게이트가 안 여는데???
엄마하고 함께 고개를 갸웃거렸다.
그리고 거의 동시에 깨달았다.
"이 게이트에 돈 받는 사람이 없어(・_・;;;)"
후진을 하고 다른 게이트를 가려고 했는데...
어디선가 사람이 나와서 큰 차단기를 손으로 열어줬다.
아이고... 맨 마지막에 저질렀다...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

フェイスマッサージ*얼굴 마사지

286今回はアカスリ(W15000)と一緒に
オイル(+W5000)とマッサージ(+W5000)をしてもらった。
普通、エステでしてくれるフェイスマッサージなんかは、ゆっく~り、ゆっく~り、うっとりするような速度で顔を触ってくれるでしょ?
でも、アカスリおばさんは違った。
超高速フェイスマッサージだった
くつろげないよ・・・

이번에은 때밀이(15000원)하고 같이
오일(+5000원)하고 마사지(+5000원)을 부탁했다.
보통 피부관리실에서 해주는 얼굴 마사지 같으면
천천히 천천히 녹아버릴 것 같은 속도로 얼굴을 만져 주잖아?
하지만 때밀이 아줌마는 달랐다.
초고속 얼굴 마사지였다.
편히 쉬지 못해...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

おばさん・・・*아줌마・・・

282おばさんが私の頭の方に立って
手を伸ばしてアカスリしてくれていたとき・・・
頭に微妙な感触が・・・
おばさん、おばさんの胸が私の額にのってます(T_T)

今、ふと思った。
私が男の子ならおばさんの胸はうれしいのだろうか?
いや・・・きっと嬉しくない。(-_-;

때밀이 아줌마가 내 머리 쪽에 서서
팔을 뻗으며 때를 밀어줬을 때...
머리에 미묘한 감촉이...
아줌마...아줌마 가슴이 제 이마에 올랐어요.(ㅠ.ㅠ)

그리고 지금 문뜩 생각했다.
내가 남자라면 아줌마 가슴을 기뻐했을까?
아니야...아마 안 기뻐.(-_-;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

消しゴムのかす*지우개 가루

私の順番が来たてアカスリをしてもらった。
アカスリベッドに横たわって、体中をこすってもらう。
初めてアカスリをしてもらったときのことを思い出す。
え?全裸でするの?
え~?そんなとところもこするの??

私だけじゃなくて、初めてアカスリしてもらう日本人は
きっとみんな、「え~?」って思ったよね・・・
そんなことを考えながら背中をこすってもらっているとき
薄目を開けてどれくらい垢が出たのだ見てみた。
あ!目の前にあったのは消しゴムのかすのような垢!(-_-;

285내 때밀이 차례가 왔다.
때밀이용 침대에 누워서 때밀이를 받는다.
처음에 때밀이를 경험했을 때가 생각이 났다.
엣? 맨몸으로 하는 거야?
에엣?그런 곳도 밀어??

나만 아니라 처음으로 때밀이 하는 일본인은
아마 모두 "에엣?" 했었겠지...
그런 생각을 하고 있을 때 아줌마는 등 때를 밀어주었는데
나는 실눈을 떠서 얼마정도 때가 나왔는지 봐봤다.
앗! 눈 앞에 있던 것은 지우개 가루같은 때가!(-_-;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

銭湯観察*목욕탕 관찰

この銭湯、入浴料が6000ウォン。
お金を払うと、病院の浴衣みたいな服とタオルを2枚貸してくれた。
風呂場のほうでアカスリしてもらうのを待っていたのだけれど
その間に銭湯と銭湯に来ている人の観察・・・。
あ、ロッカーの鍵の持ち方が3種類ある。
2811.腕にはめる
2.足首にはめる
3.髪の毛を結ぶ??
銭湯の服をきて、休憩所みたいなところで、ゆっくりすることが出来るのだけれど・・・
暑いのか上半身を脱いだ状態のおばさんが数人・・・。
いくら女ばかりだとはいえ・・・ちょっと・・・。

이 목욕탕 입장료가 6000원.
돈을 냈더니 병원 옷 같은 옷과 수건을 두 개 빌려주었다.
목욕탕 안에서 떼밀이를 해주는 것을 기다리고 있었는데
그 동안에 목욕탕 안과 목욕탕에 온 손님들을 관찰했다.
앗! 보관함 열쇠를 가지는 방법에 세 가지가 있다.
1. 팔목에 낀다.
2. 발목에 낀다.
3. 머리를 묶는다.
목욕탕 옷을 입고 휴게실 같은 곳에서 편히 쉴 수 있는데...
더운지 상반신을 벗는 상태인 아줌마가 수 명...
아무리 여자만 있다고 해도... 좀...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

ドアが*문이

283去年の秋にソウルに行ったとき、銭湯に行って足の指を怪我した。
同じところに行くのは何だか怖くてイヤだったのだけれど
迷った末に、怪我した銭湯に行くことにした。
風呂場のほうに行く重たい扉を開けるとき扉の角がせせら笑いしてるような気がした。T.T
今度は危険物がちゃんと見えるように、眼鏡をかけてお風呂場に行った・・・。

작년 가을에 서울에 갔을 때 목욕탕에 가고 발가락을 다쳤다.
같은 곳에 가는 게 왠지 무서워서 싫었지만
망설인 후 저번에 상처를 입었던 그 목욕탕을 가기로 했다.
목욕탕 안에 가는 무거운 문을 열 때 문 모서리가 비웃고 있는 것 같았다.ㅠ.ㅠ
이번은 위험물이 잘 보이도록 안경을 끼고 목욕탕에 갔다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

そっくり*꼭 닮았다

病院に行って胃の動きの検査を受けた。
思ったより良くなっていなくて、
ソウルにいる間だけ、また韓方薬を飲むように言われてしまった。
がっかりして肩を落として病院を出ようとすると、あ!
思わず、心の中でにこっと笑ってしまった。
だって、病院の入口の近くで犬の散歩をしていたおばさんとその犬、顔がそっくりだったんだもん!

259병원에 가고 위 움직임을 보는 검사를 받았다.
생각보다 좋아지지 않아서
서울에 있는 동안만 다시 한방약을 먹으라는 소리를 들었 버렸다.
실망해서 어깨를 축 늘어뜨리며 병원을 나가려고 했는데... 앗!
그만 마음 속에서 벙긋 웃었다.
왜냐하면 병원 입구 근처에서 개를 산책시키고 있던 아줌마하고 그 개...얼굴이 꼭 닮았거든!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »