« そっくり*꼭 닮았다 | トップページ | 銭湯観察*목욕탕 관찰 »

2006年7月 3日 (月)

ドアが*문이

283去年の秋にソウルに行ったとき、銭湯に行って足の指を怪我した。
同じところに行くのは何だか怖くてイヤだったのだけれど
迷った末に、怪我した銭湯に行くことにした。
風呂場のほうに行く重たい扉を開けるとき扉の角がせせら笑いしてるような気がした。T.T
今度は危険物がちゃんと見えるように、眼鏡をかけてお風呂場に行った・・・。

작년 가을에 서울에 갔을 때 목욕탕에 가고 발가락을 다쳤다.
같은 곳에 가는 게 왠지 무서워서 싫었지만
망설인 후 저번에 상처를 입었던 그 목욕탕을 가기로 했다.
목욕탕 안에 가는 무거운 문을 열 때 문 모서리가 비웃고 있는 것 같았다.ㅠ.ㅠ
이번은 위험물이 잘 보이도록 안경을 끼고 목욕탕에 갔다.

|

« そっくり*꼭 닮았다 | トップページ | 銭湯観察*목욕탕 관찰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/11141785

この記事へのトラックバック一覧です: ドアが*문이:

« そっくり*꼭 닮았다 | トップページ | 銭湯観察*목욕탕 관찰 »