« 足のくさい人*발에서 지독한 냄새 나는 사람 | トップページ | 反則*반칙 »

2006年8月28日 (月)

猿が・・・*원숭이가・・・

私は下宿の部屋のテレビ画面に釘付けになった。
だってだって・・・あの動物があの動物を抱えて
まるで自分の子どものように育てていたのだから。
どんな動物だぁ??
うふふ。
猿が子ネコを抱いていたんだよ~~(^m^)思い出しただけでへらへらしちゃう~。
Saruneko02_1나는 하숙집 방에 있는 티비 화면 앞에서 꼼짝도 못하게 되었다.
왜냐하면 왜냐하면... 그 동물이 그 동물을 안고
마치 자기 아이처럼 키우고 있었으니까.
어떤 동물일까??
허허허.
원숭이가 아기 고양이를 안고 있었단 거야~.(^m^)생각만 해도 흐뭇해진다~.

|

« 足のくさい人*발에서 지독한 냄새 나는 사람 | トップページ | 反則*반칙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/11707036

この記事へのトラックバック一覧です: 猿が・・・*원숭이가・・・:

« 足のくさい人*발에서 지독한 냄새 나는 사람 | トップページ | 反則*반칙 »