« 30分間*30분 동안 | トップページ | ばれるなんて*들키다니... »

2006年9月 4日 (月)

幸せメニュー*행복 메뉴

331先生が戻ってくる。
「あきこ、では、食べていいよ。」
ここから、ほんのしばらくだけ私の幸せな時間が始まる。
久しぶりにパンが食べられるのだ。ばんざい~!

この先生の指導で体質改善のための食事制限を始めてから禁止されている食べ物のうちの一つに「パン」がある。
小麦粉はご飯に比べて消化が悪いのだそうだ。
そのため、私が前回にパンを食べたのは8ヶ月前の検査の時だ。
下宿でパンを焼いてから病院にもっていくので
食べる頃にはすっかり冷めているのだが、それでも美味しい~。
ところで、消化の悪いパンをどうして検査の時に食べるのか?
これはパン1枚というのはどこのパンでも(日本も韓国もアメリカも)だいたい同じカロリーだからなのだそうだ。

検査の時の「幸せメニュー」は「パン・ゆで卵・オレンジジュース」です。ふふふ。

선생님이 돌아오신다.
"자~ 아키코 먹어."
이제부터 잠시지만 나의 행복한 시간이 시작한다.
오래간만에 빵을 먹을 수 있는 것이다. 만세~!

이 선생님 지도로 체질개선을 위한 식사제한을 시작한 후
금지된 음식들 중 하나가 "빵"이다.
밀가루는 밥(쌀)에 비해서 소화가 안된다고 한다.
그 때문에 내가 저번에 빵을 먹은 것은 8개월 검사 때다.
하숙집에서 빵을 굽고 병원에 갖어가니까
먹을 때쯤은 완전히 식은 상태이지만 그러도 맛있어~.
그런데 소화가 나쁜 빵을 왜 검사 때 먹는 것일까?
이것은 빵 한장이라는 것은 어디 빵이라도(한국도 일본도 미국도) 거의 다 비슷한 열량이라서 그런단다.

검사 때 "행복 메뉴"는 "빵.삶은 계란.오렌지 쥬스"예요. 허허허.

|

« 30分間*30분 동안 | トップページ | ばれるなんて*들키다니... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/11774977

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せメニュー*행복 메뉴:

« 30分間*30분 동안 | トップページ | ばれるなんて*들키다니... »