« 2.2センチ*2.2cm | トップページ | ソウルで日本語を学ぶ子供達 »

2006年12月14日 (木)

再び魚の呪い*다시 생선의 저주

477傷は深くなかったが、猫の爪に引っかかれたわけだから
(瞼だし・・・)母に一応消毒をしてもらった。
この光景・・・どこかで経験したことがある。
母が瞼の手術をしたときと、まったく反対だ。
そして、私の傷もまるで、瞼を手術したような傷(笑)
まだ、魚の呪いが残ってるのかしら?

상처는 깊지는 않았지만 고양이가 할퀴어서 생긴 것이니까
(그리고 눈꺼풀이고...)엄마가 일단 소독을 해줬다.
이 광경...어디선가 경험한 적이 있다.
엄마가 눈꺼풀 수술을 하셨을 때하고 완전히 반대였다.
그리고 내 상처도 마치 눈꺼풀 수술을 한 것 같은 자국(ㅋㅋㅋ)
아직도 생선의 저주가 남아 있는 것일까?

|

« 2.2センチ*2.2cm | トップページ | ソウルで日本語を学ぶ子供達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/13098369

この記事へのトラックバック一覧です: 再び魚の呪い*다시 생선의 저주:

« 2.2センチ*2.2cm | トップページ | ソウルで日本語を学ぶ子供達 »