« りんご*사과 | トップページ | アルコールのニオイ*술 냄새 »

2006年12月 3日 (日)

北*북쪽

12月から韓国語の教室に通うことにしました。
↓10月末に見学に行った日の話です。
12월부터 한국어 학원을 다니기로 했어요.
↓10월말에 견학을 갔을 때 이야기예요.

韓国語の教室を見学した日、駅で迷ってしまった。
授業が始まる時間まであまりない。
自分で探すよりも人に聞いた方がいいと思った。
でも、あんまり人が通っていない~(><)
と思ったら、地図らしきものをもった女の人が私の前を通り過ぎた。
この人だ!
「すみません、地図をお持ちのようですが…」
「私急いでるんです!!!」
「(きゃ~~ん、この人逃したら誰もいない~><)

北がどっちか教えてください!!」
「あっちです。」彼女は即答で彼女の進行方向とは反対側を指さした。
お礼を言って、彼女が指差した方向に行こうとしてやめた。
何だかヘンな気がしたからだ。

もう一度、誰かが来るのを待った。
幸い次に来た人も女性で、彼女は偶然にも私が行きたい教室の生徒だった。
ところで、北は最初に道を聞いた人が教えてくれた方向ではなかった。
もしや私は怪しい人だと思われて、彼女はとっさに自分の行く方向とは反対方向を私に教えたのではないだろうかと思えて仕方がない私であった。(-_-;

한국어 학원을 견학하러 간 날 역 근처에서 길을 잃었다.
수업이 시작될 시간까지 얼마 안 남았다.
스스로 찾는 것보다 다른 사람에게 물어보는 게 좋다고 생각했다.
하지만 별로 사람이 없어~~(><)
그러다가 지도 같은 걸 갖고 있는 여성이 내 앞을 지나갔다.
이 사람에게 물어봐야겠다!

"죄송합니다. 지도를 가지고 계시는 것 같은데요..."
"전 시간이 없어요!!!"
"(안돼~~,이 사람을 놓치면 아무도 없어~><) 어느 방향이 북쪽이예요??"
Yh3"저쪽이예요."그녀는 즉답으로 그녀의 갈 방향하고는 반대쪽을 가리켰다.
나는 고맙다는 인사를 하고 그녀가 가리킨 방향으로 가려고 했다가 말았다.
왠지 이상한 느낌이 들었으니까...
다시 사람이 오기를 기다렸다.
다행이 다음에 온 사람이 여성이었고 그녀는 우연히 내가 가고 싶은 학원의 학생이었다.
학원이 있는 곳은 처음에 방향을 물은 사람이 알려줌 방향이 아니었다.
혹시나 나는 수상한 사람이라고 오해 받아서 그녀는 순간적으로 자신이 갈 방향과는 반대쪽을 나에게 가르쳐준 게 아닐까라는 생각이 자꾸만 떠오르는 나였다. (-_-;

|

« りんご*사과 | トップページ | アルコールのニオイ*술 냄새 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/13097797

この記事へのトラックバック一覧です: 北*북쪽:

« りんご*사과 | トップページ | アルコールのニオイ*술 냄새 »