« 声*목소리 | トップページ | ねと・・・?*끈적...? »

2007年4月12日 (木)

激痛*격통

さて、昨日の3時頃会社の廊下で何が起こったのかお話しましょう。
私はトイレの横の部屋に行くために廊下を通りました。
部屋で資料を探し、それを持って再び廊下へ出ました。
何を思ったのでしょうか…
私はちょっとしゃがんでその資料をじっくりと見たいと思いました。
今思えば、10数歩で自分の席に戻れるのに
何故、廊下でしゃがもうとしたのか、よく分かりません。
でも、その時の私は、廊下の、その場所に、しゃがみこみたかったのです!
私は体勢を低くしました。
完全にしゃがむ前に、臀部に激痛が走りました…。
「あ゛!」

人というのは痛すぎると、かえって声が出なかったりするようです。
私は後ろを振り向きました。
何が私の臀部にこんな痛みを与えたのかを確かめるために!
そこには、なんと思いも寄らないものがありました。
それは、私が引っ越してくる前からず~~っとそこにあったものでした。
でも誰がそんなものに「ぶつかる」なんて思うでしょう?
それも、自分の「尾てい骨」が…。
私の尾てい骨が当たったものは、いつも変わらずそこの場所にある
トイレのドアの蝶番だったのです。

그러면 어제 3시쯤 회사 복도에서 무슨 일이 생겼는지를 이야기 하겠습니다.
저는 화장실 옆에 있는 방에 가려고 복도를 통과했습니다.
방에서 자료를 찾아서 그것을 들며 다시 복도에 나갔습니다.
그런데 무슨 생각이 들은 것일까요?
저는 쭈그리고 앉으며 그 자료를 곰곰히 보고 싶다고 생각했습니다.
지금 생각하면 10 몇 걸음으로 제 자리로 갈 수가 있는데
왜 복도에서 웅크리고 앉으려고 했는지 잘 모르겠습니다.
하지만 그 때 저는 복도의 그 자리에 웅크리고 앉고 싶었습니다!
저는 자세를 낮추게 했습니다.
완전히 쭈그리고 앉기 전에 궁둥이에 격통이 나타났습니다.
"아゛!"

사람은 너무 아프면 오히려 목소리가 안 나오는 것 같기도 합니다.
저는 뒤를 돌아봤습니다.
무엇이 제 엉덩이에게 이런 아픔을 주었는지를 확인 하기 위해서!
거기에는 아주 뜻밖인 물건이 있었습니다.
그것은 제가 이사 오기 전부터 계~~~~속 거기에 있는 물건이었습니다.
533하지만 누가 그런 것에 "부딪친다"고 생각할까요?
그것도 자기 "꼬리뼈"가...
제  꼬리뼈가 부딪친 것은 늘 변함 없이 거기에 있는
화장실 문의 경첩이었다는 것입니다.

|

« 声*목소리 | トップページ | ねと・・・?*끈적...? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/15321711

この記事へのトラックバック一覧です: 激痛*격통:

« 声*목소리 | トップページ | ねと・・・?*끈적...? »