« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

マッシュ*양송이

バイト先の上司の髪型は変だ。
正直、そっくりの髪型の猫キャラを出したかったが、あまりにも特異なヘアスタイル過ぎて、上司を知っている人がみたら、すぐにわかってしまうと思うのでやめた。
私は最初に見たときに、ちょっと変わったアフロヘアかと思ったが、違った。
ある同僚は「マッシュ」というあだ名を彼につけた。
別の同僚によると、彼は自分の髪型をイケてると思っているらしい。
そんな彼女は彼の髪型をこんなふうに言った。
「ママ床屋が伸びたんだよ。きっと。」
なんかありえるかも…。でも、上司は推定35歳。う~~ん。
631아르바이트처 상사의 머리 스타일은 특이하다.
솔직 그 이상한 머리 스타일을 한 고양이 캐릭터를 등장 시키고 싶었는데 너무나도 특이한 스타일이라서 그를 아는 사람이 보면 바로 알아볼 테니까 하지 않았다.
내가 그를 처음 봤을 때 좀 이상하게 돼버린 아프로 머리인 줄 알았지만 아니었다.
한 동료는 "양송이"라는 별명을 붙었다.
다른 동료 말에 따르면 그는 자신의 머리 스타일을 멋있다고 생각 하고 있단다.
그 동료는 그의 머리 스타일을 이렇게 묘사했다.
"엄마가 이발 해줬는데 그게 길어졌겠지, 뭐."
있을 수 있는 일인 것 같아...
하지만 그 상사는 추정 연령 35세. 으~음. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

作戦?* 작전?

私の仕事は13時から。
だから8時くらいまではゆっくり寝ていたかった。
しかし、7時くらいになると家に電話がかかってくる。
母にだ。
今日は隣のおばさん。
昨日は近所のおばさん。
その前は裏に住んでるおばさん…というふうにだ。
町中で私に寝坊をさせない作戦か??(>3<)

630 내 일은 13시부터.
그래서 8시쯤까지는 편히 자고 싶었다.
하지만 7시쯤이 되면 우리 집에 전화가 온다.
엄마한테다.
오늘은 옆 집 아줌마.
어제는 근처에 사는 아줌마.
그 전 날은 뒷쪽에 사는 아줌마...이런 식이다.
온 동네로 나에게 늦잠을 자지 않게 하는 작전이냐??(>3<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

ない!*없다!

Yh582 初出勤の日に近道を教えてもらったので、次の日、出勤する時、近道することにした。
しかし方向が反対になったら、わからなくなって道に迷った。
車にはナビがない。
車には地図もない。
そしてその日は運悪く携帯電話も家に忘れてきた。

道を歩いてる人に聞いたら、わからないといわれた。
私はいったいどこにいるの?と思い、
もう少し車で走った後、別の人に尋ねてみた。
あああ、おじさんありがとう、
あなたのおかげで2日目に遅刻するという大失態をせずに済んだよ。
そして初めてカーナビが欲しいと思った。

첫 출근 날에 지름길을 알려줘서 다음 날 출근할 때 그 지름길로 가기로 했다.
하지만 방향이 거꾸로 되었더니 길을 잃어버렸다.
내 차에는 카 나비게이션이 없다.
내 차에는 지도가 없다.
그리고 그날따라 재수 나쁘게 휴대폰도 집에 두고 와 버렸다.

길을 걷고 있는 사람에게 물어봤더니 모른다고 했다.
나는 도대체 어디에 있는 거야?라고 생각했다.
그리고 좀 더 차를 몬 후 다른 사람에게 물어봤다.
아아아아, 아저씨, 고마워요.
아저씨 덕분에 이틀째 날에 지각한다는 큰 실태를 안 부려도 되었어.
그리고 처음으로 카 나비게이션을 갖고 싶다는 생각이 들었다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

挨拶なしで・・・*인사도 없이・・・

625派遣会社の人と会社見学に行った。
入口近くまで行くと、私と面接する予定の人がちょうど出かけるのが見えた。
彼は、私たちに上を指差して、そのまま急いで車に乗っていってしまった。
私たち二人は「二階に行けってことだよね?」といいながら階段を上がっていった。
そして事務所に残っていた女性事務員さんに挨拶をしたら、
「仕事を教えておくように上司から言われてますので、今からお仕事できますか?」というではないか?
えええ?
私は面接どころか挨拶もなしに就職してしまった(@△@;)
とにかく契約期間2ヶ月、頑張りましょう!

파견회사 사람하고 면접을 보러 갔다.
입구 근처까지 갔더니 나하고 면접을 할 예정인 사람이 마침 외출하려고 하는 모습이 보였다.
그는 손짓으로 윗쪽을 가리키고 그만 급하게 차를 타서 가버렸다.
우리 둘은 "2층에 가라는 말이겠지요?"라며 계단을 올라갔다.
그리고 사무실에 남아 있던 여사무원한테 인사를 했더니
"일을 가르쳐주도록 상사가 하셨는데요, 지금부터 일을 시작할 수 있으세요?"라고 하는 게 아닌가?
에에엑?
나는 면접은 커녕 인사도 없이 취직해 버렸다(@△@;)
아무튼 계약 기간 2개월~ 열심히 하자!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

大変なこと*큰 일

会社見学の当日、先に派遣会社の人と会って少し打ち合わせをした。
すると、派遣会社の人が言った。
「実は大変なことが起きたんですよ。」
え~~~~!ここまできてまた取り消しなんてことは??
「昨晩、派遣先に泥棒が入りまして、みんなあたふたしてる状態です。警察の取り調べ中かもしれません。」
二日連続で取り消しだったら、立ち直れなかったかもしれないよ。(笑)

580면접 날 당일, 먼저 파견회사 사람하고 만나서 좀 이야기를 했다.
그러자 파견회사 사람이 말했다.
"실은 큰 일이 났거든요."
에에엑! 여기까지 왔는데 또 다시 취소라는 일은 없겠지??
"어젯밤 파견처에 도둑이 들어서 다들 정신이 없는 상태입니다.경찰관의 취조를 닫고 있을 지도 몰라요."
혹시 이틀 연속으로 취소 당했다면 내 마음은 재기 못 했을 지도 몰라.(ㅋㅋㅋ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

捨てる神あれば*버리는 신이 있으면

581そして、衝撃の電話の2時間後、別の派遣会社から電話があった。
条件を聞いてみると、まあまあだった。
これも運命かと思い、翌日会社見学に行くことにした。
派遣先もかなり急いでいるようで、気に入れば、午後からでも仕事をしても良いとのことだ。
ああ、捨てる神あれば拾う神あり。

그리고 충격의 전화 2시간 후 다른 파견회사에서 전화가 왔다.
조건을 들어보니까 그저 그랬다.
이것도 운명이겠다 싶어서 다음 날 오전에 면접을 보러 가기로 했다.
파견처 회사도 아주 급한 상황인 것 같아서 마음에 들면 오후부터 일해도 된다는 것이었다.
아아...버리는 신이 있으면 줍는 신도 있다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

そんなのあり?*이럴 수가?

この職場は短期の契約だったので旅行後、しばらく働いて契約期間が無事終わった。
所長が近々、新しい仕事が出来る可能性があるので、次の仕事を探すのを少し待ってみないかといってくれた。
同じ会社で働ければ気分的にも楽なので、しばらくバイトをして様子をみることにした。0
そんなある日、気に入ったバイトが見つかったので、派遣会社に連絡してみたら、会社見学できることになった。
あとは見学する日にちを決めるだけ…になったある日、派遣会社から電話があった。
「大変申し訳ありませんが、派遣先の会社で入院する予定だった人がその必要がなくなって求人の取り消しがありました。」

583そんなのあり??(T△T)이 직장은 단기 파견 계약으로 일했으니까 여행 후
잠시 일하고 계약 기간이 무사히 끝났다.
소장님이 멀지 않아 새로운 일이 생길 가능성이 있으니까
다음 일자리를 구하는 것을 좀 기다릴 수 있냐고 나에게 물었다.
같은 회사에서 일할 수 있으면 기분적으로도 편하니까
그 회사에서 새로운 일이 생길 때까지 아르바이트를 하면서 상황을 보기로 했다.
그러던 어느 날 마음에 든 아르바이트를 찾아서
파견 회사에 연락해봤더니 면접을 볼 수 있게 되었다.
남은 일은 면접 날자가 정될 것뿐이다...싶던 어느 날
파견 회사에서 전화가 왔다.
"대단히 죄송합니다만 파견처의 회사에서 입원할 예정인 사람이 그럴 필요가 없어져서 구인을 취소하겠다는 연락이 왔습니다."
이럴 수가??(T△T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

カップル*커플

課長ともう一人の女性事務員は仲がいい。
私が会社に入ったときから仲が良かった。
Kおじさんはそれがちょっぴりうらやましいらしい。
事務所がマンションの1階に引っ越したあと
私とおじさんは昼食を自分たちの机で食べていた。
でも二人は別室(会議室と使ってる部屋)に行って食べていた。
それをみたおじさんが言った。
「あの二人は別のところで食べてるの?カップルだね。」
「あはは、Kおじさんと私も二人だからカップルじゃないですか?」
「う~む、私たちは親子だ!」
私じゃダメみたいね(笑)
ちなみに課長38歳、女性事務員40歳。

620과장님하고  다른 여자 사무원은 사이가 좋다.
내가 입사했을 때부터 사이가 좋았다.
K아저씨는 그것이 조금 부러워하고 있는 듯했다.
사무실이 아파트 1층으로 이사한 후
나하고 아저씨는 점심을 자기 책상에서 먹었다.
하지만 둘은 달은 방(화의실로 쓰는 방)으로 가서 먹었다.
그것을 본 아저씨가 말했다.
"저 둘은 다른 방으로 가서 먹는 거야? 마치 커플이잖아."
"아하하, K아저씨 우리도 둘이 있으니까 커플이잖아요?"
"으으음, 우리는 부녀다!"
나는 안 되겠구나(ㅋㅋㅋ)
참고로 과장님 38세, 여사원 40세.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

ちょんまげ*(일본식) 상투가

482Kおじさんは昼間にヘルメットをかぶることが機会が多い。
事務所に戻ってきて、ヘルメットを脱ぐたびに嘆く。
「あ~、今日もちょんまげになっちゃった。」
ヘルメットのせいで頭の上のほうが盛り上がってるってことみたい~(^m^)

K아저씨는 낮에 헬멧을 쓸 기회가 많다.
사무실에 돌아와서 헬멧을 벗을 때마다 한탄한다.
"아이구...오늘도 (일본식) 상투가 되고 말았다."
헬멧 때문에 머리 위 부분이 부풀러오른 것을 말하고 있는 것 같아~(^m^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

留守電の声*자동 응답 전화의 소리

619昔からよく言われるのだが、私が電話に出ると留守電の声みたいなのだそうだ。
「はい、○○会社でございます。」
「・・・・・」
「もしもし~~?」
「あ、すみません・・・。あのですね。」
こんなふうになる時はたいてい留守電のメッセージと間違われている。
今度、もしもしの代わりに「ピィーーーー」って言ったら伝言を残すかしら?

옛날부터 많이 듣는 말인데 내가 전화를 받을 때 자동 응답 전화의 소리 같다고 한다.
"네. ○○회사입니다."
"......"
"여보세요~~?"
"아, 죄송합니다...저기요."
이렇게 될 때는 거의 상대방이 자동 응답 전화라고 착각하고 있다.
다음은 여보세요 대신에 "삐~~~~~~"소리하면 메시지를 남길까?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留守電の声*자동 응답 전화의 소리

619昔からよく言われるのだが、私が電話に出ると留守電の声みたいなのだそうだ。
「はい、○○会社でございます。」
「・・・・・」
「もしもし~~?」
「あ、すみません・・・。あのですね。」
こんなふうになる時はたいてい留守電のメッセージと間違われている。
今度、もしもしの代わりに「ピィーーーー」って言ったら伝言を残すかしら?

옛날부터 많이 듣는 말인데 내가 전화를 받을 때 자동 응답 전화의 소리 같다고 한다.
"네. ○○회사입니다."
"......"
"여보세요~~?"
"아, 죄송합니다...저기요."
이렇게 될 때는 거의 상대방이 자동 응답 전화라고 착각하고 있다.
다음은 여보세요 대신에 "삐~~~~~~"소리하면 메시지를 남길까?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

いひひ*히히히

会社では私が韓国が好きだとか、韓国語を勉強しているとか、そういう話をしたことはなかった。
隠しているわけではなかったのだけれど、そういう話をする機会がなかったのだ。
でもMr.Sのカレンダーのおかげで私が韓国が好きだというのをみんなが知った。
所長も奥さんと娘さんも韓流ドラマファン、そしてKおじさんの奥さんも韓流ドラマファンだった。
おかげで仲良くなった(笑)

ところで、カレンダーを見た人がみんな私に聞く。
「それ誰?」
「私の好きな韓国のスターです。」
「ヨンさま?」
「ちがいます。」
「彼氏?」
「はいそうです。いひひ。」

おじさんたちは眼鏡をかけている韓国人は全員ヨンさまだと認識するらしい。
そしてそれを否定すると、みんな口をそろえて「彼氏?」と聞く。
それはわざと否定しない私だった。いひひ。

519회사에서는 내가 한국을 좋아한다거나
한국어를 공부하고 있다거나 그런 이야기를 한 적이 없었다.
숨기려고 일부러 그랬던 게 아니지만 그런 이야기를 할 기회가 없었던 것이다.
하지만 Mr.S 달력 덕분에 내가 한국을 좋아한다는 것을 다들이 알게 되었다.
소장님 부인도 딸도 한류 드라마 팬,
그리고 K아저씨의 부인도 한류 드라마 팬이었다.
덕분에 사이가 훨씬 더 좋아졌다(ㅋㅋㅋ...)

그런데 달력을 본 사람이 다 나에게 묻는다.
"그 사람 누구예요?"
"제가 좋아하는 한국 스타에요."
"욘 사마? (=배용준 씨)"
"아니에요."
"그러면 남자친구?"
"네, 그래요. 히히히."

아저씨들에게는 안경 낀 한국사람을 다 욘사마라고 인식하는 것 같다.
그리고 그 생각을 부정하면 다들 같이 "남자친구"냐고 묻는다.
그것은 일부러 부정을 하지 않은 나였다. 히히히.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

恥ずかしくて*부끄러워서

520ある日、Mr.Sのカレンダーを会社に持っていくことにした。
机の上においておいたら、ときどきMr.Sと目があう。
きゃ、恥ずかしくて顔が見れない(mm)

어느 날, Mr.S의 달력을 회사에 가져가기로 했다.
책상 위에 놓고 있었더니 가끔 Mr.S하고 눈이 마주친다.
캭, 부끄러워서 오빠 얼굴 못 봐(mm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

韓国と同じ?*한국 같다?

536うちの会社と取引先にはほんとに同じ名前や似た名前が多かった。
私は契約先の社長と同じ名前。
所長は取引先の人と同じ。
Kおじさんも、同じ名前の人がいる。
Yさんも複数名。
MさんとNさんは発音が似てるのでいつも間違う。
他にもたくさん・・・、まるで名字の同じ人をわざと集めたと思うほどだ。
ひょっとして…韓国の人たちはそんな感じなのかな??

우리 회사하고 거래처에는 진짜 같은 성이나 비슷한 성을 가진 사람이 많았다.
나는 계약처의 사장하고 같은 성.
소장은 거래처 사람하고 같다.
K아저씨도 같은 성의 사람하고 일하고 있고.
Y씨도 몇 명.
M씨하고 N씨는 발음이 비슷해서 혼란스럽다.
더 많이 있다...
마치 성이 같은 사람들만 일부러 모은 게 아닐까 싶을 정도다.
혹시... 한국 사람들은 그런 느낌인 것일까?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

遅刻魔*지각마

618運良くソウル旅行中は他の事務所の女性が仕事を手伝いに来てくれていた。
彼女に鍵を渡していたため、旅行から帰ってきたあと初出勤の日、私は鍵を持っていなかった。
そこの事務所での仕事はのこり2週間という状況で、他の人たちは別の事務所に移っていたり、辞めていたり…。
ひとり残った課長が私よりも先に来ていない限り、私は事務所に入れない。
でもこの課長遅刻魔なのだ。
課長の出勤時間は8時のはずなのに、私の出勤時間8時半になっても来ていたことはあまりなかった。
その日もやっぱり私より先に出勤してはいなかった。
結局私は玄関の前で本を読みながら9時過ぎまで待った。
早く来いよ!(-へ-)ふん!

운좋게 서울 여행중은 다른 사무실의 여자가 일을 도우러 오고 있었다.
그녀에게 열쇠를 줘서 여행 후 첫출근 날에 나에게는 열쇠가 없었다.
그 사무실에서 하는 일은 2 주 남은 상황이라서 다른 사람들은 다른 사무실에 옮겼거나 그만뒀거나...
혼자 남아있는 과장님이 나보다 먼저 오지 않았으면 나는 사무실에 못 들어간다.
하지만 이 과장님이 지각마였다.
과장님의 출근시간은 8시일 텐데 내 출근시간인 8시 반이 다 돼도 출근 안 할 때가 많았다.
그 날도 역시 나보다 일찍 출근하지 않았다.
결국 나는 현관 앞에서 책 보면서 9시 좀 넘을 때까지 기다려야 했다.
좀 빨리 와라!(-へ-)흥!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

「夕食」のはず!*"저녁 식사"급일 거야!

20070505_19seoul_339

帰りの飛行機は出発が6:30。
今回の機内食は絶対「夕食」のはず。
行きの機内食よりも若干は豪華なのかな?
ちょっと期待を抱いた私。
でも、出てきたのは行きと似たような食事。
のり巻きとサンドイッチとお菓子~。
のり巻きだけではちょっと足りなくて、サンドイッチ(食事制限中でパンは×なの)を一切れ食べちゃった~。
ま、先生にも大分良くなったって言われたし、お許しを!
(普通の人の夕食にしては量が少なすぎると思うけどな…?)

돌아갈 때 비행기는 출발이 6:30.
이번 기내식은 절대 "저녁 식사"급일 거야.
한국에 올 때 기내식보다 맛이 있는 게 나오겠지?
작은 기대를 품은 나.
하지만 나온 것은 올 때와 비슷한 식사였다.
김밥하고 샌드위치하고 과자~.
김밥만으로는 좀 모자라서 샌드위치(식사 제한중이라서 빵은 ×거든)를 한 조각 먹어버렸다~.
뭐, 선생님도 많이 좋아졌다고 하셨으니까 괜찮겠지?
(근데 보통 사람들 식사 치고는 양이 너무 적은 것 같은데...?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

審査官の男性の爪*심사관 아저씨의 손톱

仁川空港・・・出国審査でパスポートを返してもらう時
いつものように「あ!Mr.Sだね?」と審査官が言った。
「大ファンなんです。」そう言いながら受け取ろうとした。
その時、審査官の男性の爪が見えた。(20代後半くらい)
え?ピンクのマニキュアじゃん!
それも小指と薬指だけ。
「マニキュア、塗ったんですね?何で2ヶ所だけ?」
「あ~これ、カッコいいでしょう!」
何といっていいのか分からず、とりあえず
「あ~、えぇ。」ともごもごとごまかしてきた。
日本じゃありえないことが韓国ではありえるんだ!と、
韓国を去る直前に再確認した。

인천공항...출국심사에서  여권을 돌려받을 때
언제나처럼 "아! Mr.S이네요?"라고 심사관이 말했다.
596"왕 팬이거든요."라고 하면서 받으려고 했다.
그 때 심사관 아저씨의 손톱이 보였다.(아마 20대 후반)
어? 분홍색 매니큐어잖아!
그것도 새끼손가락하고 약손가락에만.
"매니큐어 바르셨어요? 근데 왜 두 개만요?"
"아~요것? 멋 좀 내려고요. 멋있지요?"

뭐라고 말하면 될지 몰라서 암튼
"아~, 네~."라고 움냘움냘 얼버무렸다.
일본에서는 있을 수 없는 일이 한국에서는 있을 수 있는 것이다!라고 한국을 떠나기 직전에 재확인했다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

勘違い*착각

私が韓国の人に名前は「あきこ」だというと、みんな、あ~~~、あきこね、と知った感じの返事をするのだ。
あきこって国語の教科書に出てたから知ってるって言うのだ。
だから私はずっと勘違いしていた。
春子、夏子、秋子、冬子…
日本の教科書にだってよく出てきそうな名前だから。
でも、それは違っていたのだ。
8月10日の日記に書いたとおり、韓国人が因縁という話にでてくる「あさこ」と勘違いしていたのだ。
そして昨日も携帯の番号を交換しているときに…「お名前、”あさこ”さんでしたよね?」と。
もうどっちでもいいよ、あさこでもあきこでも(^^;

616내가 한국사람에게 이름은 "아키코"라고 하면 다들 아~~~, 아키코~~, 라며 아는 척하는 것 같은 반응을 보인다.
아키코는 국어 교과서에 나와서 알고 있다고 하는 것이다.
그래서 나는 계속 착각하고 있었다.
하루코(春子), 나쓰코(夏子), 아키코(秋子), 후유코(冬子)...
일본 교과서에도 흔히 나올만한 이름이니까.
하지만 내 생각은 틀렸다.
8월10일 일기에도 쓰듯이 한국 사람들이 인연이라는 이야기에 등장하는 "아사코"로 착각 것이었다.
그리고 어제도 휴대폰 번호를 교환했을 때...
"이름은 '아사코'씨 맞지요?"라고...
아이구 이젠 됐어... 아사코든, 아키코든...(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

私はあきこ*나는 아키코

3月に10年以上ぶりに連絡のとれた友だちと会った。
会った記念に何か買ってくれるといった。
友だちが考え出した。
「何がいいかな~?あ、あきこって名前の女性が出てくる本があるんだ。教科書にも出てくる話だから、韓国の人はみんな知ってるよ。」
ということで、本屋に行くことになった。
「ほらほら、この本だ。ちょっと、本屋を一回りしてくるから、読めそうかどうかみてごらん。」
そういって友だちは私から離れていった。
私は本を読んでみた。
あ!!
友だちが帰ってきたて私に読めそうかどうか聞いた。
「うん、読んでみる。でも、出てくる女の人の名前あさこだよ。私はあきこ。
「・・・。」
**あさこが出てくる本は「因縁」という本です。

Asako 3월에 10년 이상만에 연락이 된 친구를 만났다.
만난 기념으로 뭔가 사준다고 했다.
친구가 생각하기 시작했다.
"자, 뭐가 좋을까? 아, 아키코란 이름인 여자가 나오는 책이 있거든. 교과서에서도 나오는 이야기라서 한국 사람들은 다 알고 있어."
이렇게 해서 서점으로 가기로 되었다.
"이것 봐봐. 이 책이다. 좀 책방을 한 바퀴 둘러보고 올 테니까 읽을 수 있을지 좀 보고 있어."
그렇게 말해서 친구는 나한테서 떨어졌다.
나는 읽어봤다.
앗!!
친구가 돌아와서 나에게 읽을 수 있을 것 같은지 물어봤다.
"어, 읽어볼게. 근데 나오는 여자 이름은 아사코야. 나는 아키코."
"......"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

かわいそうな犬*불쌍한 개

Inu03道を歩いていたら犬がいた。
服屋さんが飼っている犬のようだった。
一回目に見た時も主人に叱られてた。
首輪を引っ張られて店の奥に連れて行かれて怒鳴られていた。
2回目に見た時、外にいたので写真を撮ろうとしたら、主人が出てきてまた怒りながら犬を引っ張っていってしまった。
いったいどういうこと?
かわいそうだよ。

길을 걸어 있었더니 개가 있었다.
옷 가게에서 키우는 개인 것 같았다.
처음에 봤을 때도 주인한테 야단맞고 있었다.
목걸이를 잡히며 안쪽에 끌려가 고함소리를 듣고 있었다.
다음에 봤을 때도 개가 밖에 있어서 사진을 찍으려고 했더니 주인이 나와서 또 화를 내면서 개를 끌고 가버렸다.
대체 무슨 일이야?
불쌍해.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

私も日本人なんだから*나도 일본 사람이다

脱衣所に…誰もいなかったので、自分のうちのお風呂のようにゆっくりと着替えていた。
すると2人の女性が近づいてきた。
私のロッカーと近いらしい。
彼女達たちは私の後ろに座り二人で帰る準備をはじめた。
そしてちらちら私を見ながら、「あの人さ…」と私の噂をしだした。
後ろの二人!日本語で話せば私に分からないと思ったでしょう?
私も日本人なんだから、小さい声でしゃべったってみんな聞こえちゃうんだから!612
これからは、私も気をつけよ…っと(^^;
탈의실에...아무도 없어서 우리 집 욕실에 있는 것처럼 천천히 갈아입고 있었다.
그러자 두 명 여성이 다가왔다.
내 로카하고 가까운 것 같다.
그녀들은 내 뒤쪽에 앉고 둘은 돌아갈 준비를 시작했다.
그리고 힐끔힐끔 나를 보면서 "저 사람 말이야..."라고 내 이야기를 시작했다.
뒤에 있는 두 사람!
일본어로 말하면 내가 모른다고 생각했지?
나도 일본 사람이라서 작은 목소리로 말해도 다 들린다고!
이제부터는 나도 조심해야지...(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

寝ちゃった*자버렸다

613初めてジムジルパンに行った時、やたらめったら密着してるカップルがたくさんいて、あんまり好きになれなかった。
今回は時間帯のせいかカップルどころか人もほとんどいなかった。
だから寝転がって本を読んでみた。
寝ちゃった。
気持ちよかった^^
처음으로 찜질방에 갔을 때 지나치게 밀착한 커플이 많이 있어서 좀 싫었다.
이번은 시간대 때문인지 커플 커녕 사람들조차 거의 없었다.
그래서 누워서 책을 읽어봤다.
자버렸다.
기분 좋았다.^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

どっちがいいのかな~?*어느 쪽이 좋을까~~?

アカスリのおばさんは私が日本人だとわかるといろいろ話はじめた。
どうもおばさんの日本で働いてみたい気持ちがあるようだ。
韓国でアカスリするためには、最初に1,500万ウォンくらいを銭湯側に支払って、毎日場所代のような感じで30,000ウォン払うそうだ。
日本の場合、最初にまとまったお金を支払う必要はないけど、
毎日の売上げのうち4割をお店に入れなきゃいけないんだって。
どっちがいいのかな~?

때밀이 아줌마는 내가 일본 사람이라고 알게 되자 여러가지 이야기 하기 시작했다.
아무래도 아줌마는 일본에서 일해보고 싶은 마음이 있는가 보다.
한국에서 때밀이 장사를 하려면 처음에 1,500만원정도를 목욕탕에 지불하고 매일 자릿세 같은 것으로 30,000씩 지불한다고 한다.
일본의 경우 처음에 목돈을 낼 필요는 없지만 매일 매상 중 40%를 목욕탕으로 지불해야 한다고 한대.
어느 쪽이 좋을까~~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

200グラム*200그램

アカスリに行った。
一年ぶりだった。
脱衣所に体重計が置いてあった。
計ってみるとXX.5キロ。
アカスリをしてもらった後、着替える前にもう一度に計ったらXX.3キロ。601
まさか私の垢は200グラム?(T_T)

때밀이 하러 갔다.
1년만이었다.
탈의실에 체중계가 있었다.
달아봤더니 XX.5킬로.
때밀이를 받은 후,
옷을 갈아입기 전에 또 한번 달아봤더니 XX.3킬로.
설마 내 때가 200그램이나?(ㅠ.ㅠ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »