« 勘違い*착각 | トップページ | 「夕食」のはず!*"저녁 식사"급일 거야! »

2007年8月15日 (水)

審査官の男性の爪*심사관 아저씨의 손톱

仁川空港・・・出国審査でパスポートを返してもらう時
いつものように「あ!Mr.Sだね?」と審査官が言った。
「大ファンなんです。」そう言いながら受け取ろうとした。
その時、審査官の男性の爪が見えた。(20代後半くらい)
え?ピンクのマニキュアじゃん!
それも小指と薬指だけ。
「マニキュア、塗ったんですね?何で2ヶ所だけ?」
「あ~これ、カッコいいでしょう!」
何といっていいのか分からず、とりあえず
「あ~、えぇ。」ともごもごとごまかしてきた。
日本じゃありえないことが韓国ではありえるんだ!と、
韓国を去る直前に再確認した。

인천공항...출국심사에서  여권을 돌려받을 때
언제나처럼 "아! Mr.S이네요?"라고 심사관이 말했다.
596"왕 팬이거든요."라고 하면서 받으려고 했다.
그 때 심사관 아저씨의 손톱이 보였다.(아마 20대 후반)
어? 분홍색 매니큐어잖아!
그것도 새끼손가락하고 약손가락에만.
"매니큐어 바르셨어요? 근데 왜 두 개만요?"
"아~요것? 멋 좀 내려고요. 멋있지요?"

뭐라고 말하면 될지 몰라서 암튼
"아~, 네~."라고 움냘움냘 얼버무렸다.
일본에서는 있을 수 없는 일이 한국에서는 있을 수 있는 것이다!라고 한국을 떠나기 직전에 재확인했다.

|

« 勘違い*착각 | トップページ | 「夕食」のはず!*"저녁 식사"급일 거야! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/17550715

この記事へのトラックバック一覧です: 審査官の男性の爪*심사관 아저씨의 손톱:

« 勘違い*착각 | トップページ | 「夕食」のはず!*"저녁 식사"급일 거야! »