« じゅうたん*카펫 | トップページ | 勇気(?)の証*용기(?)의 증표 »

2007年11月24日 (土)

ぽきんと*뚝

私が今の会社に入ったころは残暑厳しい夏だった。
以前に冷房が効きすぎて体調を崩し退社した女性がいたらしく、上司のOさんは私のことをとても心配してくれる。
特に英語のおじさんが暑がりだったせいで冷房ガンガンだったから。
「あきこさん、寒くない?? 防寒着準備しようか?」
「大丈夫です。私の席は意外と冷たい風が来ないんです^^」
「冷えすぎるとね、ぽきんと折れちゃうから気をつけて・・・。」
Oさん、面白すぎ。
でもね、私、今はまだ11月末なのに、もうしもやけ出来ちゃった。
Oさん、私、ぽきんと折れないように気をつけます。
672 내가 지금 회사에 들어갔을 때는 늦더위가 심한 여름이었다.
이전에 냉방이 너무 잘 되어서 몸이 안 좋아져서 그만 둔 여성이 있었다고 내 상사인 O아저씨는 나를 아주 걱정해준다.
특히 영어 아저씨가 너무 더위를 타서 냉방이 빵빵했으니까.
"아키코씨 안 추워요?? 방한복을 준비해줄까?"
"괜찮아요. 제 자리는 이외로 추운 바람이 안 오거든요^^"
"너무 차가워지면 뚝 부러지기 쉬우니까 조심해야 돼..."
O아저씨 너무 웃겨~.
근데 나는 지금 아직도 11월말인데 벌써 동상이 생겼어요.
O아저씨 저는 뚝 부러지지 않게 조심하겠습니다.

|

« じゅうたん*카펫 | トップページ | 勇気(?)の証*용기(?)의 증표 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/41076901

この記事へのトラックバック一覧です: ぽきんと*뚝:

« じゅうたん*카펫 | トップページ | 勇気(?)の証*용기(?)의 증표 »