« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

黒い敵も*검은 적도

うんちがよく落ちてるな~と思っていたら
黒い敵も上を向いて死んでいた。
なんだか、注意して歩かなければならない「ブツ」が多い旅だった。

응가가 자꾸 떨어져 있구나 싶었는데
검은 적도 하늘을 보면서 죽고 있었다.
왠지 주의해서 걸어야 하는 "물건"이 많은 여행이었다.
919

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

だれのうんち?*누구 응가?

921_2フランスに行った時、犬のうんちが道にたくさん落ちていたんだけど、今回のソウル旅行ではまるでフランスかと思うくらい落ちていた。
でも、ソウルの街ではあまり犬を見かけない。
犬を散歩させている人もほとんど見かけない。
ということはあのうんちは犬のものなのだろうか?
謎だ。
프랑스를 갔을 때 개 응가가 길에 많이 떨어져 있었는데 이번 서울 여행 때는 마침 프랑스가 아닐까 싶을 정도 떨어져 있었다.
하지만 서울 길가에서는 개를 거의 못 본다.
개를 산책 시키는 사람도 거의 없다.
그렇다면 그 응가들은 개가 한 것들일까?
알 수가  없다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

中毒*중독

922_3 いつも行くスーパーの地下の入り口に
安物のトイレの芳香剤のようなが臭いが強烈に漂っていた。
たまたまそのときだけかと思ったら、行くたびに臭いので、入り口の近くにお店を構えている人に聞いてみた。
「なんでこんなに臭いんですか?」
「あ~、これね。上で工事してるでしょ?そこから臭うのよ。」
ええ?工事でこんなに臭うなんて・・・なんか毒の臭いじゃないの?
トイレの芳香剤だと思っていたときは平気だったのに、なにか中毒になるかも知れないと思ったとたん・・・気持ちが悪くなった(^^;;
入り口の近くで働く人たちは、体調崩してないだろうか??
자주 가는 슈퍼의 지하 입구에 싸구려 화장실 방향제같은 냄새가 심하게 감돌고 있었다.
우연히 그때만 그랬다고 생각했지만 갈 때마다 냄새가 심해서 입구 근처에서 장사를 하는 사람에게 물어봤다.
"왜 이렇게 냄새가 심해요?"
"아~ 이거죠? 위를 공사하고 있잖아요? 거기서 나는 거예요."
에엑? 공사 때문에 이런 냄새가 나다니...무슨 해로운 냄새가 아니야?
화장실 방향제라고 생각했을 때는 아무렇지도 않았는데 무슨 중독에 걸릴지도 모른다는 생각에...기분이 안 좋아졌다.(^^;;
입구에서 일하는 사람들은 몸이 괜찮은 걸까?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

やっぱり?*역시...?

890 私が泊まる宿の近くには公園がある。
日本人の友だちが教えてくれたのだけど
その公園は「レズビアン公園」っていう別名があるらしい。
普段、その公園をのぞいてもそれらしき人を見かけたことはない。
一回、近くで女の子がちゅ~してるのを見たことあるけど・・・。
だけど、今度は男同士が仲良く手をつないでいるのを見た。
もしかするとやっぱり・・・?

내가 숙박하는 숙소 근처에 공원이 있다.
일본 친구가 알려준 건데 그 공원은 "레즈비언 공원"이라는 별명이 있다고 한다.
보통 그 공원을 들여다봐도 그런 것 같은 사람들을 본 적이 없다.
한번 근처에서 여자가 뽀뽀하는 것을 봤지만...
그런데 이번은 남자끼리 사이 좋게 손을 잡고 다니는 모습을 봤다.
어쩌면 역시...?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

乗りな~~!*타~~!

地下鉄が次の駅に止まりそうになったとき
乗っていたおばさんが扉の近くに寄ってった。
ホームに待っている誰かを確認すると急に叫んだ。
「乗りな~~!乗りな~~!」
まだ扉も開いていないのに手で招きながら一生懸命叫んでいる。
「乗りな~~!乗りな~~!」
おばさん~、焦る気持ちはわかるけど、まだ開いてないよ(^^;;
915
지하철이 다음 역에 도착하려고 했을 때 타 있던 아줌마가 문에 다가왔다.
홈에서 기다리고 있는 누군가를 확인 하자 갑자기 외쳤다.
"타~~! 타~~!"
아직 문도 안 열렸는데 손짓으로 오라고 하면서 힘껏 외친다.
"타~~! 타~~!"
아줌마~, 초조한 마음은 알겠지만 아직 안 열렸다니까(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

日傘の洗濯*양산을 세탁

ソウルでの話しにもどります。

906靴棚に日傘を置いた。
使おうと手にすると、ずっと靴棚を使っていなかったのか埃まるけになってしまった
そのまま出かけるわけにも行かず、日傘を洗った。
数日後、傘をすぼめたら・・・
ぎゃ~~~~(><)
鳥の糞が~~~~~~!!
(小さい鳥ではなくて、大きい鳥の糞だと思う・・・T_T)
短いソウル滞在で2度も傘を洗う羽目になった。

서울 이야기로 돌아갑니다.

신발장에 양산을 놓았다.
사용하려고 손에 들었더니 오래 신발장을 안 썼는지 먼지투성이 돼버렸다.
그대로 외출할 수도 없고 양산을 씻었다.
며칠 후 양산을 접었더니...
캬아아아아악!!
새 응가가~~~~~!!
(작은 새가 아니라 큰 새 응가인가봐...ㅠ.ㅠ)
짧은 서울 체류 기간에 두 번이나 양산을 씻게 되었다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

心の中の叫び*마음 속에서 외친다

916銀杏の話は前回が最後のつもりだったけど・・・もう一つ。
通勤途中にある神社の入口にはメスのイチョウの木が2本ある。
実は毎朝、落ちている実を見ながら、拾いたいな~と思っている。
一度だけ週末に拾いに行ったら、1本は実が小さすぎてダメだったけど
もう一本は普通サイズの銀杏でなかなかよかったの。
その実が毎朝、通勤の車や人によって踏み潰されている。
でも、ときどききれいになってることもある。
その日も、いつものようにそこを通ると・・・あ!!掃除のおばさんだ!
いや~~~~ん、そんなに集めた銀杏は処理するの?それとも捨てるの?

捨てるんなら、私に思う存分拾わせて!
心の中で一人いろいろ叫びながら会社に向かった私であった。

은행 이야기는 며칠 전이 마지막이라고 생각했는데...하나 더.
출근 도중에 있는 신사 입구에는 암컷 은행 나무가 두 개 있다.
실은 매일 아침 떨어져 있는 열매를 보면서 줍고 싶다고  생각하고 있다.
한 번만 주말에 주우러 갔는데 하나는 열매가 너무 작아서 안됐지만
다른 하나는 보통 사이즈라서 꽤 좋았거든.
그 열매들이 매일 아침 출근하는 차나 사람들에게 밟아져버리고 있다.
하지만 가끔씩  도로가 아주 깨끗해져 있을 때가 있다.
그날도 언제나처럼 그 길은 지나갔더니 아!! 청소 아줌마다!
싫어~~~~, 그렇게 모아둔 은행은 처리하는 거야? 아니면 버릴 거야?
버린다면 나에게 실컷 줍게 해주라!
마음 속에서 혼자 여러가지 외치면서 회사에 향한 나였다.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

別の反則おばさん*또 다른 반칙 아줌마

902今週の土曜日はあまりにも疲れていて朝銀杏拾いにいけなかった。
昼過ぎにやはり気になって公園に行くと・・・落ちていない。
落ちているのは、種が取り除かれた実の皮ばかり。
また別の反則おばさん出現ね・・・。
次に拾いに来る人がいやじゃないように、せめて隅によせておくとかして欲しいよ(--;;
上を見ると、ほとんど実はなっていなかった。
今年の私の銀杏物語はコレが最後になるでしょう・・・。

이번 주 토요일은 너무나도 피곤해서 아침에는 은행을 주우러 못 갔다.
정오를 넘어서 역시 마음에 걸려서 공원에 가봤더니...떨어져 있지 않았다.
떨어져 있는 게 씨가 제거해진 열매 껍질만.
또 다른 반칙 아줌마가 나타났었나 보네...
다음에 주우러 올 사람이 실망하지 않도록 최소한 구석에 모으거나 해줬으면 해(-_-;;
위를 봤는데 열매는 이제 거의 없었다.
올해 내 은행 이야기는 이게 마지막이 될 것 같다...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

枝に傘*나무 가지에 우산

先週銀杏を拾いにいった。910
たくさんは落ちていなかった。
そろそろ周りの人も銀杏の季節だって気が付いたな~~(^^;;
ふと上をみると枝に傘がかかっていた。
あ~~、これは何年か前に偶然公園で鉢合わせになったおじさんが来て
また木に登ったり、枝を揺すったりして実を落としたな~~(><)
反則だよね~。
(といいつつ、私も一度は恩恵にあずかったんだけど・・・
やっぱり自然に落ちたものをとるのがいいよ・・・。)

지난주 은행을 주우러 갔다.
많이는 떨어져 있지 않았다.
이제 슬슬 주위에 사는 사람들도 은행 계절이라는 것에 깨달았나 보다.
문득 위를 봤더니 은행나무 가지에 우산이 걸려 있었다.
아~~, 이게 몇년 전에 우연이 공연에서 마주친 아저씨가 와서
또 나무에 올랐거나 가지를 흔들었거나 해서 열매를 떨었구나~~(><)
반칙이야~.
(그렇다고 해서 나도 한번은 그 은혜를 입었지만...
역시 자연스럽게 떨어진 걸 주운 게 좋아...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

韓流スター*한류 스타

昨日は午後から急に風が強くなった。
車で出かけると、道端に咲いていたコスモスが風に吹かれて
花がちぎれてしまわないかと思うくらい揺れていた。
みんなが私の方を向いている。
みんなが私の方を向いて揺れている。
「きゃ~~、きいろさん~~ん」
なんか韓流スターになった気分(?)
904어제는 오후부터 갑자기 바람이 세어졌다.
차로 나갔는데 길가에 핀 코스모스가 바람에 불려서
꽃이 떨어져 나가지 않을까 싶을 만큼 흔들리고 있었다.
다 나를 보고 있다.
다 나를 보면서 흔들리고 있다.
"캬아악! 아키코씨~~!"
어쩐지 한류 스타가 된 기분(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

一周してから*한 바퀴 돌아봐서

898_2出てきたのりまきは今まで食べたのりまきの中で最低の見た目と味だった(-"-)
ただでさえ食べ物の選択の自由がないのに、有無を言わせず席に座らされた上に、まずかったのだからとてもイラついた。
そんな気分でなんとなく周りの様子を眺めていた。
すると・・・お店対お店の戦争が起こっていた。
客とり合戦だ。
エスカレーターで上がってくるお客さんの近くの店の人が
「さあ、こちらにお座りください」と、お客さんをみんな自分の店側に座らせてしまう。
負けじと私が座っている側のお店のお兄さんが「メニューは全部違いますよ、一周してみてくださいね~!」と叫んでいる。
もちろん私はそのお兄さんを恨みをこめて睨みつける・・・
私だって一周してから店を選びたかったのに!!!

나온 김밥은 여태까지 먹은 김밥 중에서 최저의 보기하고 맛이었다(-"-)
그렇지 않아도 음식의 선택 자유가 없는데 불문곡직하게 자리에 앉힌데 다가 맛까지 없었으니까  아주 짜증 났다.
그런 기분으로 주위를 무심코 보고 있었다.
그러자...가게 대 가게의 전쟁이 일어나고 있었다.
손님 잡기 전투다.
에스컬레이터로 올라오는 손님들을 근처에 있는 점원이 "자~ 이리로 앉으세요"라며 올라오는 손님들을 다 자기 가게에 앉혀 버린다.
지지 않게 내가 앉아 있는 가게 아저씨가 "매뉴는 다 틀려요, 한 바퀴 돌아보세요~!"라고 외치고 있다.
물론 나는 그 아저씨를 한을 담아서 노려봤지...
나도 한 바퀴 돌아봐서 가게를 고르고 싶었는데!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »