« ずぶ濡れになった*흠뻑 젖어버렸다 | トップページ | 黒人さん*흑인 아저씨 »

2008年12月30日 (火)

厚着*껴입기

どうしようもないほどにずぶ濡れになった私だけれど風邪をひかなかった。
たぶん私じゃなかったら、風邪をひいていただろう。
といっても、私が特に丈夫だからというわけではない。
秘密があるのだ、ズボンの下に隠された秘密が!
寒がりの私はストッキングを履いて、毛糸のパンツを履いて、長い靴下を履いて、レッグウォーマーを履いて、その上にズボン、そしてズボンの上に防寒のためのエプロン!
だから、びしょ濡れになったけれど、レッグウォーマーその他の防寒具が私を雨から守り体の芯まで冷えることはなかったの~。

厚着バンザイです!
そして、もう一つ・・・
湯たんぽ代わりにペットボトルにお湯を入れて抱きかかえてたから
ズボンも早く乾いたみたい(^^)v

어쩔 줄 모를 정도로 흠뻑 젖은 나였지만 감기에 걸리지 않았다.
아마 나 아니었으면 감기에 걸렸을 것이다.
그렀다고 내가 특별히 몸이 튼튼하다는 것이 아니다.
비밀이 있는 것이다, 바지 안에 숨겨진 비밀이!
추위를 타는 나는 스타킹을 신고 털실로 짠 팬티를 신고 무릎까지 길이 있는 양말을 신고 레그 워머를 신고 그 위에 바지 그리고 바지 위에 방한을 위해거 앞치마!
그래서 흠뻑 젖었긴 했지만 레그 워머들이 나를 비에서 지켜줘서
몸 속까지 차가워지지 않았거든~.
껴입기 만세!
그리고 하나 더... 페트 병에 뜨거운 물을 넣어서
그걸 안고 있어서 바지도 빨리 마른 것 같았다(^^)v
935

|

« ずぶ濡れになった*흠뻑 젖어버렸다 | トップページ | 黒人さん*흑인 아저씨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138016/45925320

この記事へのトラックバック一覧です: 厚着*껴입기:

« ずぶ濡れになった*흠뻑 젖어버렸다 | トップページ | 黒人さん*흑인 아저씨 »